11/20「第7回全国地中熱利用促進地域交流2017ふくしま」参加申込みご案内

2017-10-17

平成29年11月20日(月) 「第7回 全国地中熱利用促進地域交流2017 ふくしま~地中熱を活用した再生可能エネルギー先駆けの地の実現~」が開催されます。

 2020年開催予定の東京オリンピック会場『アクアティクス・センター』『有明アリーナ』での導入が決定している地中熱利用システム。地中熱は年間を通じて安定な熱源で、この熱をヒートポンプ技術と組み合わせることにより、夏は冷たく、冬は暖かい、そしてきわめて効率のよい空調及び給湯システムが実現できます。マグマの熱による高温高圧の水蒸気を利用して発電する地熱と誤解されやすい地中熱ですが、地熱の中では温泉の熱利用(源泉・排湯などの温度差利用)は、地中熱の利用とよく似ています。地熱と違い地中熱は日本のどこにでもある再生可能エネルギーであり、この地中熱の活用により地域のエネルギーコスト削減と低炭素化が同時にできます。
“3.11”東日本大震災からのふくしま復興の見える化
 熱エネルギーコストの大幅削減とCO2削減を同時化できる再生可能エネルギーである『地中熱』をベース熱源とし、木質バイオマス、太陽熱、太陽光等の再生可能エネルギーの組み合わせによる、新たな「地域熱電供給事業モデル」の創発と市場化・利用化促進のために、福島県における産学官金の連携を図ります。

 
福島県地中熱利用促進協議会の相互会員であります中部地中熱利用促進協議会は、多数の参加者のご出席を賜り盛大に実施したく、関係者様への参加を心からのお願いを賜りたく宜しくお願い申し上げます。
下記の参加申込書からダウンロードして申込み下さい。
 
 参加申込書 ←ダウンロードして下さい。
 

第7回 全国地中熱利用促進地域交流2017 ふくしま
~地中熱を活用した再生可能エネルギー先駆けの地の実現~

日程:
11月20日(月) 
 10:00~16:15 屋内展示・屋外展示
 13:00~17:30 交流会    
11月21日(火)
 18:00~19:30 意見交換会

会場:
ビッグパレットふくしま(福島県郡山市南2丁目52)

主催:
福島県地中熱利用促進協議会、特定非営利活動法人地中熱利用促進協会

後援:
経済産業省、環境省、国土交通省、福島県、郡山市、国立研究開発法人産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所、福島大学、日本大学工学部、日本地熱学会、全国さく井協会、全国さく井協会東北支部、ヒートポンプ・蓄熱センター、地中熱&地下水資源活用NET、地下水・地下熱資源強化活用研究会、日本技術士会東北本部、日本技術士会東北支部福島県本部、東北地質調査業協会、福島県さく井技術協会、福島県地質調査業協会、福島県設備設計事務所協会、東北電力(株)、(株)ユアテック、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、福島テレビ、福島民友新聞社、福島民報社

詳しい詳細につきましては、下記webサイト、PDFをご覧ください。

 https://f-geoheat.org/

 「第7回全国地中熱利用促進地域交流2017ふくしま」PDF

Copyright(c) 2017 中部地中熱利用促進協議会(中地協) All Rights Reserved.