新着情報

11/20「第7回全国地中熱利用促進地域交流2017ふくしま」参加申込みご案内

平成29年11月20日(月) 「第7回 全国地中熱利用促進地域交流2017 ふくしま~地中熱を活用した再生可能エネルギー先駆けの地の実現~」が開催されます。

 2020年開催予定の東京オリンピック会場『アクアティクス・センター』『有明アリーナ』での導入が決定している地中熱利用システム。地中熱は年間を通じて安定な熱源で、この熱をヒートポンプ技術と組み合わせることにより、夏は冷たく、冬は暖かい、そしてきわめて効率のよい空調及び給湯システムが実現できます。マグマの熱による高温高圧の水蒸気を利用して発電する地熱と誤解されやすい地中熱ですが、地熱の中では温泉の熱利用(源泉・排湯などの温度差利用)は、地中熱の利用とよく似ています。地熱と違い地中熱は日本のどこにでもある再生可能エネルギーであり、この地中熱の活用により地域のエネルギーコスト削減と低炭素化が同時にできます。
“3.11”東日本大震災からのふくしま復興の見える化
 熱エネルギーコストの大幅削減とCO2削減を同時化できる再生可能エネルギーである『地中熱』をベース熱源とし、木質バイオマス、太陽熱、太陽光等の再生可能エネルギーの組み合わせによる、新たな「地域熱電供給事業モデル」の創発と市場化・利用化促進のために、福島県における産学官金の連携を図ります。

 
福島県地中熱利用促進協議会の相互会員であります中部地中熱利用促進協議会は、多数の参加者のご出席を賜り盛大に実施したく、関係者様への参加を心からのお願いを賜りたく宜しくお願い申し上げます。
下記の参加申込書からダウンロードして申込み下さい。
 
 参加申込書 ←ダウンロードして下さい。
 

第7回 全国地中熱利用促進地域交流2017 ふくしま
~地中熱を活用した再生可能エネルギー先駆けの地の実現~

日程:
11月20日(月) 
 10:00~16:15 屋内展示・屋外展示
 13:00~17:30 交流会    
11月21日(火)
 18:00~19:30 意見交換会

会場:
ビッグパレットふくしま(福島県郡山市南2丁目52)

主催:
福島県地中熱利用促進協議会、特定非営利活動法人地中熱利用促進協会

後援:
経済産業省、環境省、国土交通省、福島県、郡山市、国立研究開発法人産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所、福島大学、日本大学工学部、日本地熱学会、全国さく井協会、全国さく井協会東北支部、ヒートポンプ・蓄熱センター、地中熱&地下水資源活用NET、地下水・地下熱資源強化活用研究会、日本技術士会東北本部、日本技術士会東北支部福島県本部、東北地質調査業協会、福島県さく井技術協会、福島県地質調査業協会、福島県設備設計事務所協会、東北電力(株)、(株)ユアテック、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、福島テレビ、福島民友新聞社、福島民報社

詳しい詳細につきましては、下記webサイト、PDFをご覧ください。

 https://f-geoheat.org/

 「第7回全国地中熱利用促進地域交流2017ふくしま」PDF


10/11 地中熱設計セミナーのご案内

拝啓、時下益々ご清祥のことと存じます。
弊協議会の事業推進に関しましては、日頃より格別のご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
さて、2017年10月に開催を予定しております地中熱設計施工セミナー開催のお知らせでございます。
つきまして、

名古屋大学 大学院環境学研究科 教授 奥宮正哉様

広島大学 大学院工学研究科 金田一清香様

地中熱利用のコミッショニングについてご講演をお願いしております。
セミナー後は意見交換会も予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

 

●地中熱設計セミナー 

日時:2017年10月11日(水)15:00~17:00

会場:名古屋大学 NIC 1F Idea Stoa

定員:80名

参加費:会員および特別会員資格者 無料  /  非会員 資料代1,000円

主催:中部地中熱利用促進協議会

プログラム内容(予定)

「大学施設におけるトータル・ビルコミッショニングの実践 」
    名古屋大学 大学院環境学研究科 教授 奥宮 正哉 様
「IKEAにおける地中熱ヒートポンプシステムコミッショニング事例」
           広島大学 大学院工学研究科 建築学講座 助教  金田一 清香 様 

●地中熱設計セミナー意見交換会 

日時:2017年10月11日(水)17:30~19:00

会場:名古屋大学ES総合館1階 フレンチレストラン レストラン シェ ジロー

定員:40名

会費:5,000円(予定)

 

お申し込みは 地中熱設計セミナー案内・申込書 にてFAXもしくはE-mailでお申し込みください。

送り先:

中部地中熱利用促進協議会 事務局

FAX 052-308-8421 E-mail info@chuchikyo.org


7/12~7/15「第52回地盤工学研究発表会」のご案内

平成29年7月12日(水)~平成29年7月15日(土)に「第52回地盤工学研究発表会」を愛知県名古屋市「名古屋国際会議場」にて開催されます。
約2,000人の関係者が全国から参加し、地盤工学に関する最新の研究発表が行われます。

技術展示コーナーにおいて、中部地中熱利用促進協議会、岐阜地中熱研究会、特定非営利活動法人地下水・地下熱資源強化活用研究会(AGREA)の3団体にて共同出展を行います。

参加者の皆様、一般入場者の皆様を対象とした企画も用意しております。

是非お立ち寄りください。 

第52回地盤工学研究発表会 
技術展示コーナー(72ブース)一般開放行事(入場無料、一般入場可能)

◆ 会場:名古屋国際会議場 イベントホール(1号館1階)

◆ 出展小間:No.71  出展一覧、会場配置図

◆ 技術展示のスケジュール

平成29年7月12日(水)
 9:00 ~  9:10 閉会式
 9:00 ~ 18:00 展示(併設コーナー含む、但し、地震体験コーナーは10:00~17:00)
18:00 ~ 19:00 歓迎行事(ウェルカムイベント)

平成29年7月13日(木)
 9:00 ~ 16:40 展示(併設コーナー含む、但し、地震体験コーナーは10:00~16:30)

平成29年7月14日(金)
  9:00 ~ 15:00 展示(併設コーナー含む、但し、地震体験コーナーは10:00~14:00)

◆ 併設コーナー
  地盤品質判定士による住宅地盤相談会(1ブース)、起震車による地震体験、特別会員PR、ドリンク(お茶、コーヒー等)、名古屋の和菓子フェア、休憩、商談スペース

◆ 主催:公益社団法人 地盤工学会中部支部

◆ 参考:技術展示のしおり市民向けパンフレット

main01


6/5 カタログが新しくなりました!

「中部地中熱利用促進協議会」のカタログを新しくしました。

事例を増やし、去年2016年に開催しました「第6回全国地中熱利用促進地域交流会2016愛知」の写真が掲載されています。

是非、ご覧ください。

中部地中熱利用促進協議会 カタログ

 ↑こちらからカタログの閲覧ができます。


6/1 事務所移転のお知らせ

6月1日より中部地中熱利用促進協議会の事務局が移転致します。

事務局と電話番号が以下に変更いたしますので、お知らせいたします。

 

 〒450-0002 

 名古屋市中村区名駅2-45-14 東進名駅ビル7F

 中部地中熱利用促進協議会 事務局

 TEL: 052-485-6433

 FAX: 052-308-8421(以前と同じ)

 e-mail: info@chuchikyo.org (以前と同じ)

 

お近くにお越しの際は、是非お気軽にお立ち寄りください。


5/9 第3回中部地中熱利用促進協議会定時総会開催のご案内

中部地中熱利用促進協議会 会員各位

 

第3回中部地中熱利用促進協議会定時総会開催のご案内

 

拝啓 春陽の候、会員の皆様におかれましては益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。

平素より格別のお引き立てを頂き、有難うございます。

 

日時、会場が決定致しましたので、ご案内申し上げます。

 

1.日時 平成29年5月9日(火)15:00ー17:00

     総会 :15:00-15:50

     講演会:16:00-17:00

      ※講演者、講演内容につきましては決定次第、再度ご連絡をさせて頂きます。

 

2.場所 ホテルメルパルクNAGOYA 2階 羽衣の間

     名古屋市東区葵3-16-16

     TEL: 052-937-3535

 

3.意見交換会

  時間: 17:15-19:00

  場所: ホテルメルパルクNAGOYA 3階 若葉の間

  会費: 6000円

 

 

ご多用の折、恐れ入りますが、皆様には万障お繰り合わせのうえ、ご出席賜りたく

何卒宜しくお願い申し上げます。

お手数ですが、ご出欠の連絡を添付ファイルの書類にご記入頂き、メールかFAXにて

ご返信頂けますようお願い申し上げます。

*ご欠席の場合は、委任状が必要になりますので、そちらへのご記入もお願い致します。

第3回総会出欠票

e-mail:   info@chuchikyo.org

FAX :   052-308-8421


2/10 地中熱設計セミナーのご案内

時下益々ご清祥のことと存じます。

当協議会の事業推進に関しましては、日頃より格別のご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。

さて、来年2月に開催を予定しております地中熱セミナー開催のお知らせでございます。

平成29年4月から義務化となります省エネ基準と地中熱評価法につきまして

国土交通省国土技術政策総合研究所の宮田様にご講演をお願いしております。

セミナー後は宮田様を交えた意見交換会も予定しております。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

●地中熱設計セミナー 

日時:2017年2月10日(金)15:30~17:00

会場:名古屋大学 NIC 1F アイディアストア 

定員:80名

参加費:会員および特別会員資格者 無料  /  非会員 資料代1,000円

主催:中部地中熱利用促進協議会

プログラム内容(予定)

「省エネ基準適合義務化の概要と地中熱ヒートポンプの評価法」

 国土交通省 国土技術政策総合研究所 主任研究官 宮田 征門 様

 

●地中熱設計セミナー意見交換会 

日時:2017年2月10日(金)17:30~19:00

会場:名古屋大学ES総合館1階 フレンチレストラン レストラン シェ ジロー

定員:40名

会費:5,000円(予定)

 

お申し込みは地中熱設計セミナー案内・申込書にてFAXもしくはE-mailでお申し込みください。

送り先:

中部地中熱利用促進協議会 事務局

FAX 052-308-8421 E-mail info@chuchikyo.org


10/12「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知」(御礼)

拝啓 秋月の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知におきましては、ご多用の中、ご出席を賜りまして誠に有難うございました。
おかげさまで、下記の通り両日共に盛会となり無事に終了することが出来ました。

これも皆様のご支援によるものと運営委員会一同、心より御礼申し上げます。
また、行き届かない面も多々ございましたが、反省点として今後の活動に活かして参りたい所存です。
何卒今後ともご支援賜れますよう宜しくお願い申し上げます。
 まずは略儀ながら、書中にて御礼申し上げます。 敬具

        記

開催日:平成28年10月12日~13日
第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知

地域交流:中電ホール、意見交換会:名古屋国際ホテル、見学会:地中熱施工場所3か所

参加人数 405名(地域交流 396名、意見交換会153名、見学会74名)

                                以上      

10月12日(水) 中電ホールにて地域交流

 開催の挨拶  中部地中熱利用促進協議会 奥宮理事長       

1_img_5924

 

 

 

 

 

 

 

 

来賓の挨拶 愛知県 大村知事

2_img_5931

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカッション:
コーディネーター:特定非営利法人地中熱利用促進協会 笹田理事長  

3_dsc_0376

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカッション:
パネリスト(左より順に)
鈴木啓太(環境省) 奈良岡臣剛(㈱蒼設備設計) 圡井祥弘(豊明市市役所)
大谷具幸(岐阜地中熱利用研究会) 柴 芳郎(中部地中熱利用促進協議会)

4_img_5995

 

 

 

 

 

 

 

 

10月13日(木)地中熱ヒートポンプ設備の現地見学会を行いました。

 ◎大口町立北保育園
 ◎豊明市消防本部
 ◎名城大学ナゴヤドーム前キャンパス

 

第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知
運営委員会

連絡先
中部地中熱利用促進協議会 事務局
TEL 052-263-5067 FAX 052-308-8421


10/12「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知」開催案内(詳細)

「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知 ~地中熱利用による地球温暖化対策~」開催案内(詳細)

 再生可能エネルギー熱利用技術の1つである「地中熱」は、資源の無い我が国日本において足元にある重要なエネルギー資源です。地中温度はその土地の年間平均外気温程度になるという性質があり、外気温と地中温度の温度差を利用することにより効率的な空調システムを実現することが可能であり、「地中熱」を適切に活用していくことにより我が国全土においてさらなる省エネルギー化を進めることが可能です。当地域交流は「地中熱」利用についての現状および課題について様々な立場の人々が様々な角度において議論し交流することにより、低炭素化による持続可能性社会を形成する技術としての成熟を促すことを目的とします。多数の参加者のご出席を賜り盛大に実施したく当地域交流への貴社ならびに関係者様への参加を心からのお願いを賜りたく宜しくお願い申し上げます。別紙の申込書にて参加お申込み下さい。

主催:中部地中熱利用促進協議会・特定非営利活動法人地中熱利用促進協会

後援:環境省、愛知県、岐阜県、西尾市、岐阜市、大垣市、大府市、大府商工会議所、なごや環境大学、名城大学、日本建築学会東海支部、空気調和衛生工学会中部支部、中部冷凍空調協会、愛知県空調衛生工事業協会、愛知県設備設計監理協会、愛知建築士会、岐阜地中熱利用研究会、NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会、NPO法人地中熱&地下水資源活用NET、中部電力(株) (平成28年9月12日現在)

日時:平成28年10月12日(水)

地域交流会、展示会 会場:中電ホール(愛知県名古屋市東区東新町1) 定員400名

11:30~          受付開始

11:30~13:00 展示会

【開会式】

13:00~13:05 開会の挨拶 中部地中熱利用促進協議会 理事長 奥宮 正哉

13:05~13:10 来賓挨拶 愛知県知事 大村 秀章 様

【第一部】地球温暖化対策と地中熱政策

13:10~13:30 基調講演(環境省低炭素社会推進室)

13:30~13:50 経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー対策課 課長補佐

13:50~14:10 環境省 水・大気環境局 土壌環境課 地下水・地盤環境室 室長補佐 高橋 忠臣 様

【第二部】地中熱を含むトータルシステムシミュレーション、設計方法、先進事例の紹介

14:10~14:30 「ZEB時代を切り開く地中熱利用ヒートポンプ、これからの設計・運用を考える」

名古屋市立大学 准教授 尹 奎英 様

14:30~14:50 「地中熱設計の地域特性 -寒冷地と温暖地の設計の違い-」

北海道大学 准教授 葛 隆生 様

14:50~15:10 名城大学ナゴヤドーム前キャンパスの事例 株式会社日本設計 水田 亜紀 様

15:10~15:40 休憩・展示会

【第三部】パネルディスカッション

  15:40~17:25 「地中熱利用による地球温暖化対策 -地域での活動の進め方-」

パネリスト:環境省、蒼設備設計、豊明市、岐阜地中熱利用研究会、中部地中熱利用促進協議会

コーディネーター:NPO法人地中熱利用促進協会 理事長 笹田 政克

17:25~17:30 閉会の挨拶 特定非営利活動法人地中熱利用促進協会 理事長 笹田 政克

意見交換会 会場:名古屋国際ホテル(名古屋中区錦3-23-3)

 18:00~19:30 意見交換会

 

見学会 10月13日(木) 8:30~16:20

 地中熱見学先3ヶ所(大口町立北保育園、豊明市消防本部、名城大学ナゴヤドーム前キャンパス)

 

「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知」 ~地中熱利用による地球温暖化対策~ 趣意書 →こちら

 

開催案内・申込書→こちら

※申込期限:10月5日(水)

 

展示会出展者募集のご案内

「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知」では、展示会を開催いたしますので、出展者を募集致します。たくさんのご応募を賜りますよう、お願い申し上げます。

展示会出展者募集案内→こちら

※出展申込期限:9月12日(月) 展示会申込書→こちら

(期限が過ぎておりますが申込をご検討される場合は事務局までお問い合わせください。)

 

広告掲載募集のご案内

「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知」では、配布する講演予稿集への広告掲載を行います。予稿集への掲載広告を募集いたしますので、ご案内いたします。

広告掲載募集案内→こちら

※広告掲載申込期限:9月12日(月)

(期限が過ぎておりますが申込をご検討される場合は事務局までお問い合わせください。)

 

現地見学会のご案内

10月13日(木)に、地中熱ヒートポンプ設備の現地見学会(定員70名)を開催いたします。

8:30~16:20 名古屋駅西口発着(途中PAにて自由昼食)

        ◎大口町立北保育園
        ◎豊明市消防本部
        ◎名城大学ナゴヤドーム前キャンパス

※定員になり次第締切りますので、お早めにお申し込み下さい。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

中部地中熱利用促進協議会 事務局

TEL: 052-263-5067 FAX: 052-308-8421 E-mail: info@chuchikyo.org

 


全国地中熱利用促進地域交流2016愛知 趣意書 ~地中熱利用による地球温暖化対策~

 再生可能エネルギー熱利用技術の1つである「地中熱」は、資源の無い我が国日本において足元にある重要なエネルギー資源である。地中温度はその土地の年間平均外気温程度になるという性質があり、外気温と地中温度の温度差を利用することにより効率的な空調システムを実現することが可能であり、「地中熱」を適切に活用していくことにより我が国全土においてさらなる省エネルギー化を進めることが可能である。

 「地中熱」はこれまで十分に活用されてこなかったが、その背景には利用するための設備導入コストが依然として高いという理由だけでなく、認知度が低く、こうした「地中熱」を担う事業者が十分に育っていないことも大きな要因である。

 愛知は名古屋市という大都市がある日本における主要な都市であるとともに、自動車産業をはじめとする工業や、消費地が近いことから農業等も盛んな地域であり、民生、業務、産業、農業等の要素がそろっており、さまざまな熱利用が必要な地域である。愛知は温暖地域ではあるが、夏は猛暑と言われるほど気温が高く、冬は暖房なしではいられないほどに寒い地域であるため、安定した地中温度を利用する地中熱利用が有効であるが、地中熱利用はまだ始まったばかりであり、事例の増加、用途開発、性能向上、最適設計等が今後必要である。

 温暖地域である愛知県における地中熱システム最適設計には、大規模では他の熱源との併用の検討や、中小規模では冷熱・温熱の熱バランスの考え方など空気熱源にはない新しい考え方が必要である。そのため、地中熱の導入促進のためには地中熱設備設計技術の普及が重要であり、設備設計に関する団体との連携も重要となる。

 また、地中熱等の熱エネルギーを利用した環境産業でのものづくり先進地域を目指して、企業、大学、公設試験研究機関等の連携強化を通じたオープンイノベーションの推進や人材育成も必要である。

 当地域交流は上記のような「地中熱」利用についての現状および課題について様々な立場の人々が様々な角度において議論し交流することにより、低炭素化による持続可能性社会を形成する技術としての成熟を促すことを目的とする。

 

中部地中熱利用促進協議会

特定非営利活動法人地中熱利用促進協会

 

「第6回全国地中熱利用促進地域交流2016愛知」開催案内


Copyright(c) 2016 中部地中熱利用促進協議会(中地協) All Rights Reserved.